読みもの

商品の買い付けやおすすめのアンティーク、お気に入りのティールームや観光地、料理のレシピ等々、お仕事+英国暮らしのアレコレを時々更新の読みもので
COLUM
【イギリスの行事】 花火は冬の風物詩!?~ガイフォークスディー~
2017年11月6日(月)

▲火炙りにされるガイフォークス人形を見ている人々

日本人的には花火は夏の風物詩ですが、ここイギリスでは花火といえば冬!
そして11月5日は花火の日・・もとい、ガイフォークスディーです。

1605年11月5日、カトリック教徒のガイフォークス達のグループはカトリック弾圧に反発し、国王ジェームズ1世と議員たちを暗殺する為に国会議事堂爆破を企てました。


▲イギリス中のいたるところで、こんな景色が見られます♪

・・が、
直前に匿名の密告により彼は呆気なく御用となり、彼らは大逆罪で処刑されてしまいます。

政府は事件を未然に防いだことを祝してこの日を祝日とし、かがり火を焚いて祝うようになったのですが、このかがり火の一番上にガイフォークス人形を据え付けるのがお約束だったりします。


▲ガイフォークス人形

ところで・・
ガイフォークスは絞首刑台で首の骨を折って亡くなったのだそうですが、なぜガイフォークス人形の方が火炙りなのかは謎です (;^_^A

そしてかがり火が消えた頃、(爆弾と花火の”火薬繋がり”なのでしょうか?)恒例の花火大会が今年もはじまるのでしたー�


▲日本と比べると、花火の位置低いかも?

ちなみに・・
イギリス人に日本では花火は夏のモノだというと、目を丸くして驚いてくれます(笑)。
(もっとも夏は夜の10時近くまで明るいイギリスで、夏の花火大会は物理的に難しいかもですが・・)



読みもの
新着商品や商品の買い付け、おすすめのアンティーク、お気に入りのティールームや観光地、料理のレシピ等々、お仕事+日々のイロイロを時々更新の読みもので・・。

新着順に読む
特集一覧










お問い合わせ About us 特定商取引法に基づく表示